2014年7月20日 (当日の馬場情報)

3回中京6日目

3

サラ3歳

[指定],(混),未勝利

(ダート・左)

晴・稍重

  1. 460万
  2. 180万
  3. 120万
  4. 69万
  5. 46万

レコード1.10.1

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

4

7 ゼアミ 牡3 56 パートン 1.10.9
    ****
* * 36.3 1 1.8 528 +2 音無
2 *

5

9 ニホンピロディール 牝3 54 酒井学 1.11.1 1 1/2
    ****
* * 36.4 5 9.7 440 -6 大橋
3 *

2

3 アサカファルコン 牡3 56 松山 1.11.8 4
    ****
* * 35.9 4 9.0 480 -2 池添兼
4 *

2

4 ナリタモード 牝3 54 1.11.9 3/4
    ****
* * 37.3 2 6.3 448 0 藤沢則
5 *

3

5 ダンツトーラス 牡3 56 太宰 1.12.3 2 1/2
    ****
* * 36.9 7 22.2 490 0 本田
6 *

1

2 タガノハウリング 牡3 56 和田竜 1.12.6 1 3/4
    ****
* * 37.5 3 7.9 478 -2 河内
7 *

8

16 メイショウヒコボシ 牡3 56 武幸 1.12.8 1 1/2
    ****
* * 36.6 8 31.2 522 0 小野幸
8 *

1

1 ピースマーク 牡3 56 国分恭 1.12.8 クビ
    ****
* * 36.2 15 347.2 506 -2
9 *

8

15 ストレイトウェザー 牡3 55 中井 1.12.9 クビ
    ****
* * 37.2 13 254.4 492 -8 浜田
10 *

6

11 スズカローラー 牝3 54 北村友 1.13.0 1/2
    ****
* * 37.4 9 67.0 452 +2 橋田
11 *

7

13 ディプロムソング 牡3 53 松若 1.13.1 3/4
    ****
* * 38.1 6 13.5 472 -4 矢作
12 *

7

14 ペプチドムーン 牡3 53 岩崎翼 1.13.2 クビ
    ****
* * 36.7 10 89.5 470 +6 岩元
13 *

4

8 ティーエスキセキ 牡3 53 1.13.7 3
    ****
* * 37.4 16 348.4 472 -12 岩元
14 *

3

6 ジョーリブラン 牝3 54 藤懸 1.13.7 クビ
    ****
* * 36.7 11 119.3 406 0 柴田光
15 *

5

10 ビバヤングメン 牡3 56 熊沢 1.13.8 クビ
    ****
* * 37.8 14 266.0 512 -6 日吉
16 *

6

12 ケージーファスリ 牡3 56 筒井 1.14.1 1 3/4
    ****
* * 38.9 12 232.9 470 -16 飯田雄

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.6 46.7 58.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.4 10.8 11.4 12.1 11.7 12.5
払戻金
単勝

7

180円

馬単

7-9

1,470円

複勝

7

9

3

110円

230円

160円

ワイド

7-9

3-7

3-9

360円

330円

1,040円

枠連

4-5

1,250円

3連複

3-7-9

2,180円

馬連

7-9

1,090円

3連単

7-9-3

7,210円

勝因敗因

ゼアミ(1着)パートン騎手 1200メートルの方が最後まで集中して走れるからいいように思うが、1400メートルでも問題はなさそう。いいスピードがあるし、能力は高いね。

次走へのメモ

ゼアミ……これまでで一番いいスタートを切り、スッと前へ。道中は抑え切れないほどの行きっぷり。直線でステッキが入ると尻尾を振っていたが、逃げるナリタモードを難なく交わし、ラストもまだ余裕があったほど。素質が高く、距離適性もある。

前へ

次へ

上へ