2014年4月6日 (当日の馬場情報)

2回阪神4日目

12

サラ4歳以上

[指定],1000万下,定量

(ダート・右)

晴・良

  1. 1020万
  2. 410万
  3. 260万
  4. 150万
  5. 102万

レコード1.08.8

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

6 メイショウロフウ 牡4 57 武豊 1.11.3
    ****
* * 37.0 3 6.0 474 +2 松永昌
2 *

8

16 ゴーイングパワー 牡5 57 和田竜 1.11.4 1/2
    ****
* * 36.9 8 38.4 498 +18 岩元
3 *

5

10 イエスイットイズ 牡5 57 小林徹 1.11.8 2 1/2
    ****
* * 37.2 2 4.8 528 -2 梅田康
4 *

6

11 アイアンテール 牡6 57 北村友 1.12.1 1 3/4
    ****
* * 36.4 5 8.4 516 -8 本田
5 *

6

12 グランプリブルー 牡5 57 浜中 1.12.1 クビ
    ****
* * 36.7 1 2.5 476 0 牧浦
6 *

2

3 ブロッケン 牝5 55 1.12.3 1 1/2
    ****
* * 36.3 14 106.3 462 +2 山内
7 *

7

13 エーシンブランコス 牡5 57 川田 1.12.4 1/2
    ****
* * 37.0 4 6.2 440 +2 高野
8 *

1

1 メイショウフォロー 牡5 57 太宰 1.12.6 1 1/4
    ****
* * 37.7 13 99.8 470 0 本田
9 *

7

14 シゲルシゲザネ 牡7 57 川島信 1.12.7 クビ
    ****
* * 36.8 10 52.1 478 0 藤沢則
10 *

1

2 ダノンジュピター 牡9 54 1.12.8 3/4
    ****
* * 37.1 15 129.6 486 +8 佐々晶
11 *

8

15 サイズミックレディ 牝6 52 岩崎翼 1.12.8 クビ
    ****
* * 38.2 6 22.8 502 0 田所秀
12 *

3

5 サンライズネガノ 牡4 56 中井 1.12.9 クビ
    ****
* * 37.1 7 30.8 490 +2 安田隆
13 *

4

7 ワキノネクサス 牝5 54 菱田 1.13.3 2 1/2
    ****
* * 37.7 12 70.0 446 +2 村山
14 *

5

9 アグネスピンキー 牝6 52 松若 1.13.8 3
    ****
* * 38.8 11 64.9 440 -2 長浜
15 *

4

8 エイシンパラダイス 牝4 55 藤田伸 1.14.5 4
    ****
* * 39.5 9 44.3 458 -2 小崎
16 *

2

4 ヤマニンアルシェ 牡6 57 森一 1.15.0 3
    ****
* * 39.6 16 220.9 530 -2 田中章

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.3 46.0 58.1
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.0 10.9 11.4 11.7 12.1 13.2
払戻金
単勝

6

600円

馬単

6-16

15,090円

複勝

6

16

10

250円

850円

180円

ワイド

6-16

6-10

10-16

3,130円

650円

2,370円

枠連

3-8

2,650円

3連複

6-10-16

12,420円

馬連

6-16

9,130円

3連単

6-16-10

93,660円

勝因敗因

メイショウロフウ(1着)武豊騎手 ダッシュの速い馬だし、内目の枠も良かったね。道中も息を入れながら走れて、最後までよく粘ってくれた。1200メートルの方がいいのかもしれない。

次走へのメモ

メイショウロフウ……舌を括る。ダッシュ良くハナへ。前半3ハロンが34秒3だから、結構なペースで飛ばしていたが、直線に向いても脚いろは衰えず、しっかりと押し切る。詰めの甘さを覗かせなかったあたり、むしろこの距離がベストかも。

前へ

上へ