2014年2月23日 (当日の馬場情報)

2回京都8日目

2

サラ3歳

(混),未勝利

(ダート・右)

晴・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.47.8

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

6 モズスター 牡3 56 国分優 1.53.5
    ****
* * 37.3 3 7.0 472 +4 南井
2 *

1

2 カゼノコ 牡3 56 秋山 1.53.7 1 1/4
    ****
* * 37.2 2 3.8 468 +4 藤岡範
3 *

1

1 ミヤジディーノ 牡3 56 川須 1.55.1 9
    ****
* * 38.3 5 12.5 472 +2 牧田
4 *

5

10 ハナリュウセイ 牡3 56 バルジュ 1.55.6 3
    ****
* * 39.0 1 2.2 498 -4 吉田
5 *

4

7 バイスブルー 牡3 56 熊沢 1.56.0 2 1/2
    ****
* * 38.3 11 100.6 500 -8 藤岡健
6 *

7

13 ワーズオデッセイ 牡3 56 鮫島良 1.56.3 2
    ****
* * 38.9 4 10.8 478 -8 庄野
7 *

2

3 ジョウイチロウ 牡3 55 菱田 1.56.4 クビ
    ****
* * 40.0 9 31.9 514 -2 西橋
8 *

4

8 スリーマキシマム 牡3 56 和田竜 1.56.4 クビ
    ****
* * 40.0 7 19.4 470 0 武宏
9 *

6

11 ローレルゼフィーロ 牡3 55 横山和 1.57.0 3 1/2
    ****
* * 39.3 12 190.1 438 +2 安田隆
10 *

3

5 エクセレントミノル 牡3 56 横山義 1.57.1 クビ
    ****
* * 40.5 8 25.5 486 -6 松山康
11 *

7

14 ファンタスマゴリア 牡3 56 村田 1.57.3 1
    ****
* * 39.1 13 423.3 486 0 柴田光
12 *

8

15 ディールフロー 牡3 56 小牧太 1.58.0 4
    ****
* * 41.0 6 14.8 438 -16 尾関
13 *

6

12 ドゥベルテックス 牡3 56 岡田祥 1.58.3 2
    ****
* * 41.3 10 50.5 472 0 中竹
14 *

2

4 パープルセブン 牡3 56 小坂 1.58.4 1/2
    ****
* * 40.2 14 767.4 454 0 境直
15 *

8

16 サンセバスチャン 牝3 54 川島信 1.59.5 7
    ****
* * 42.0 15 785.8 448 +4 飯田明
取消 *

5

9 ダンスールクレール 牡3 53 森一
    ****
* * 松永昌

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
37.7 50.7 1.03.5 1.16.2 1.28.6 1.40.7
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.8 11.6 13.3 13.0 12.8 12.7 12.4 12.1 12.8
払戻金
単勝

6

700円

馬単

6-2

3,500円

複勝

6

2

1

210円

160円

310円

ワイド

2-6

1-6

1-2

460円

1,250円

590円

枠連

1-3

810円

3連複

1-2-6

3,420円

馬連

2-6

1,360円

3連単

6-2-1

20,540円

勝因敗因

モズスター(1着)国分優騎手 前に乗った時よりも反応が良く、強いレース内容だったと思います。厩舎サイドから具合がいいと聞いていましたが、確かに成長し、実が入ってきましたね。

次走へのメモ

モズスター……スンナリ先手奪取。競りかけられることなく、今回はマイペースで先行。手応えを残して直線に向き、2番手の2着馬を突き放すように一気にリードを広げて逃げ込んだ。ゴール前は詰め寄られる場面もあったが、危なげなし。

前へ

次へ

上へ