2014年2月23日 (当日の馬場情報)

1回東京8日目WIN5 

11

第31回 フェブラリーステークス(GI)

(指定),国際,オープン,定量

(ダート・左)

晴・良

  1. 9400万
  2. 3800万
  3. 2400万
  4. 1400万
  5. 940万

レコード1.34.4

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

7

13 コパノリッキー 牡4 57 田辺 1.36.0
    ****
* * 35.3 16 272.1 530 +4 村山
2 *

8

15 ホッコータルマエ 牡5 57 1.36.1 1/2
    ****
* * 35.1 2 3.6 506 0 西浦
3 *

6

11 ベルシャザール 牡6 57 Cデムー 1.36.4 1 3/4
    ****
* * 35.1 1 2.7 540 +2 松田国
4 *

3

6 ノーザンリバー 牡6 57 戸崎 1.36.4 クビ
    ****
* * 35.4 11 74.5 480 0 浅見
5 *

6

12 ブライトライン 牡5 57 福永 1.36.5 クビ
    ****
* * 35.5 7 22.8 528 +4 鮫島
6 *

2

4 ワンダーアキュート 牡8 57 武豊 1.36.5 ハナ
    ****
* * 35.2 5 10.0 516 +2 佐藤正
7 *

7

14 ダノンカモン 牡8 57 三浦 1.36.7 1 1/2
    ****
* * 35.9 15 181.2 532 +4 池江寿
8 *

4

7 ニホンピロアワーズ 牡7 57 酒井学 1.36.7 ハナ
    ****
* * 35.5 4 7.8 528 -16 大橋
9 *

5

10 ドリームバレンチノ 牡7 57 岩田康 1.36.7 クビ
    ****
* * 35.5 13 94.8 490 0 加用
10 *

1

1 ゴールスキー 牡7 57 Fベリー 1.36.8 3/4
    ****
* * 35.4 6 14.2 490 +6 池江寿
11 *

4

8 グランドシチー 牡7 57 リスポリ 1.36.8 アタマ
    ****
* * 35.4 14 142.4 498 +4 相沢
12 *

2

3 ソロル 牡4 57 ブノワ 1.36.9 クビ
    ****
* * 36.0 10 66.9 480 0 中竹
13 *

1

2 ベストウォーリア 牡4 57 浜中 1.36.9 ハナ
    ****
* * 35.7 3 7.0 510 0 石坂正
14 *

5

9 アドマイヤロイヤル 牡7 57 四位 1.36.9 ハナ
    ****
* * 35.4 8 31.3 526 +2 橋田
15 *

8

16 シルクフォーチュン 牡8 57 横山典 1.37.2 1 3/4
    ****
* * 35.8 9 48.9 470 -2 藤沢則
16 *

3

5 エーシントップ 牡4 57 内田博 1.38.5 8
    ****
* * 37.9 12 78.4 532 +2 西園

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m
35.5 48.0 1.00.6 1.12.6 1.24.1
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.4 11.3 11.8 12.5 12.6 12.0 11.5 11.9
払戻金
単勝

13

27,210円

馬単

13-15

256,050円

複勝

13

15

11

3,310円

140円

140円

ワイド

13-15

11-13

11-15

15,760円

14,890円

240円

枠連

7-8

10,560円

3連複

11-13-15

55,360円

馬連

13-15

84,380円

3連単

13-15-11

949,120円

勝因敗因

コパノリッキー(1着)田辺騎手 今日は小細工なしで正攻法のレースをしようと思っていました。絡んでくる馬もいなかったことが、最後の伸びにつながったのでしょう。手応えは抜群でした。直線では後ろにホッコータルマエのメンコがちらついていたので、あともうちょっともうちょっとと思いながら乗っていましたが、向こうの脚いろが鈍っていたのが分かりましたからね。この馬は最後まで止まらずに走り切ってくれました。ただでさえ長い東京の直線が、本当に長く感じられました。僕自身にとって初めてのGⅠ勝ちですし、これをプレゼントしてくれたコパノリッキーには感謝したい気持ちですね。

次走へのメモ

コパノリッキー……仕上がる。1000メートル通過60秒6とGIにしてはかなりゆったりとしたペース。スッと2番手につけて流れに乗れた。残り2ハロン目11秒5の地点で後続をスッと離したところで勝負あり。最後はホッコータルマエの追撃を凌いだ。

前へ

次へ

上へ