2013年10月12日 (当日の馬場情報)

4回京都3日目

3

サラ2歳

[指定],新馬

(ダート・右)

晴・稍重

  1. 700万
  2. 280万
  3. 180万
  4. 110万
  5. 70万

レコード1.23.6

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

2

4 ゴールドアロー 牡2 55 岩田康 1.25.7
    ****
* * 37.6 3 5.6 480 高橋忠
2 *

5

9 シゲルミマサカ 牝2 54 国分優 1.25.9 1 1/4
    ****
* * 38.1 10 40.1 430 湯窪
3 *

3

6 アグネスオピニオン 牡2 54 菱田 1.26.5 3 1/2
    ****
* * 38.2 13 119.3 476 西浦
4 *

6

12 チョウテッパン 牡2 55 太宰 1.27.3 5
    ****
* * 39.2 7 23.0 490 日吉
5 *

8

15 ブラボーランサー 牡2 55 高倉 1.27.5 1 1/4
    ****
* * 39.1 9 29.8 516 梅田康
6 *

7

13 ナガラフライト 牝2 54 1.28.0 3
    ****
* * 38.7 2 4.2 462 大根田
7 *

4

7 ジョウイチロウ 牡2 55 秋山 1.28.0 クビ
    ****
* * 38.3 5 13.4 526 西橋
8 *

2

3 メイショウホウネン 牡2 55 武幸 1.28.4 2 1/2
    ****
* * 39.8 8 29.4 476 飯田明
9 *

1

2 ナムラジョーズ 牡2 55 国分恭 1.28.5 1/2
    ****
* * 39.1 12 77.3 536 目野
10 *

8

16 サンダーボール 牡2 55 北村友 1.29.2 4
    ****
* * 39.8 4 9.8 450 岡田
11 *

4

8 マヤノブリッツ 牝2 52 藤懸 1.29.3 1/2
    ****
* * 39.4 14 129.5 450 安達
12 *

1

1 スイートポーラ 牝2 54 川島信 1.29.4 クビ
    ****
* * 39.4 11 48.9 470 高橋亮
13 *

6

11 アリュージョン 牝2 54 小牧太 1.29.6 1 1/4
    ****
* * 41.7 1 2.5 470 白井
14 *

7

14 サージェントペパー 牡2 55 和田竜 1.30.4 5
    ****
* * 41.8 6 17.4 498 小原
15 *

5

10 テイエムガーネット 牝2 54 松田 1.31.2 5
    ****
* * 42.0 16 205.1 474 木原
中止 *

3

5 ゴールドフォース 牡2 55 小林徹
    ****
* * 15 137.6 466 目野

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
35.1 47.8 1.00.6 1.13.1
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.2 11.0 11.9 12.7 12.8 12.5 12.6
払戻金
単勝

4

560円

馬単

4-9

13,010円

複勝

4

9

6

220円

1,210円

3,050円

ワイド

4-9

4-6

6-9

2,740円

7,770円

23,630円

枠連

2-5

6,770円

3連複

4-6-9

214,890円

馬連

4-9

8,940円

3連単

4-9-6

615,530円

勝因敗因

ゴールドアロー(1着)岩田騎手 ダートが向きそうな気がしていたんです。落ち着いていて、レースではうまく運べました。集中して走ってくれたと思います。

次走へのメモ

ゴールドアロー……シャドーロール。頭を上げて返し馬へ。レースでは返し馬で見せていたほどではなかったが、頭を上げてフワフワした走りになっていた。追い出された時も素早く反応するといった感じはなかったが、直線半ばからは手応え以上の伸びで、逃げ込み態勢に入っていたシゲルミマサカを捉えて抜け出す。

前へ

次へ

上へ