2013年1月19日 (当日の馬場情報)

1回京都6日目

11

第48回 京都牝馬ステークス(GIII)

[指定],牝馬(国際),オープン,別定

(芝A・右外)

晴・良

  1. 3500万
  2. 1400万
  3. 880万
  4. 530万
  5. 350万

レコード1.31.8

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

4 ハナズゴール 牝4 54 浜中 1.34.3
    ****
* * 34.1 1 1.7 422 +2 加藤和
2 *

5

8 エーシンメンフィス 牝5 55 川須 1.34.7 2 1/2
    ****
* * 34.3 2 6.9 508 0 野中
3 *

6

10 ベストクルーズ 牝6 53 川田 1.34.7 クビ
    ****
* * 34.6 10 40.8 440 -2 松田博
4 *

4

5 クィーンズバーン 牝5 54 藤岡佑 1.34.7 ハナ
    ****
* * 35.1 5 16.3 452 -4 浅見
5 *

4

6 サクラクローバー 牝6 54 1.34.8 クビ
    ****
* * 34.6 8 22.4 468 -2 田島俊
6 *

7

12 アプリコットフィズ 牝6 56 武豊 1.34.8 アタマ
    ****
* * 34.7 9 30.7 442 0 小島太
7 *

1

1 アカンサス 牝5 54 三浦 1.35.2 2 1/2
    ****
* * 35.3 6 17.0 444 -6 畠山吉
8 *

6

9 フラワーロック 牝5 53 岩田康 1.35.4 1 1/4
    ****
* * 35.7 11 46.0 470 -2 尾関
9 *

8

14 エーシンリターンズ 牝6 55 和田竜 1.35.5 1/2
    ****
* * 35.6 7 20.5 464 -4 坂口則
10 *

5

7 アスカトップレディ 牝6 54 酒井学 1.35.6 1/2
    ****
* * 35.2 4 14.6 474 -2 須貝尚
11 *

3

3 レディアルバローザ 牝6 55 ルメール 1.35.6 クビ
    ****
* * 35.6 3 10.3 498 +14 笹田
12 *

8

13 シースナイプ 牝6 54 藤田伸 1.35.6 アタマ
    ****
* * 35.7 13 119.4 462 0 河内
13 *

2

2 オウケンサクラ 牝6 54 北村友 1.35.6 ハナ
    ****
* * 35.5 14 124.4 506 -2 音無
14 *

7

11 アンチュラス 牝4 53 池添 1.36.2 3 1/2
    ****
* * 36.4 12 46.1 454 -4 安田隆

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m
35.7 47.8 59.6 1.11.3 1.22.7
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.5 11.3 11.9 12.1 11.8 11.7 11.4 11.6
払戻金
単勝

4

170円

馬単

4-8

890円

複勝

4

8

10

110円

180円

410円

ワイド

4-8

4-10

8-10

320円

780円

2,240円

枠連

3-5

350円

3連複

4-8-10

5,690円

馬連

4-8

690円

3連単

4-8-10

14,580円

勝因敗因

ハナズゴール(1着)浜中騎手 今の京都は内が有利ですし、4番枠ということもあって、出たなりの位置でロスなく立ち回ろうと思っていましたが、イメージ通りのレースができましたね。抜け出す時の脚が速い馬なので、ひとつだけでもスペースがあれば大丈夫と信じていました。今日も素晴らしい末脚。大きな夢を抱かせてくれる馬です。

次走へのメモ

ハナズゴール……馬体キープ。内から徐々に上がって行き、直線は1ハロン標の手前で更に内に進路を切り替える。脚があるからこそなのだろうが、難なく捌いてアッサリ抜け出した。

前へ

次へ

上へ