2012年9月23日 (当日の馬場情報)

4回阪神7日目WIN5 

11

第60回 神戸新聞杯(GII)

(指定),オープン,国際,馬齢

(菊花賞TR,3着まで優先出走権)

(芝B・右外)

晴・良

  1. 5200万
  2. 2100万
  3. 1300万
  4. 780万
  5. 520万

レコード2.24.2

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

8

14 ゴールドシップ 牡3 56 内田博 2.25.2
    ****
* * 34.5 1 2.3 498 -2 須貝尚
2 *

4

6 ロードアクレイム 牡3 56 福永 2.25.6 2 1/2
    ****
* * 34.7 8 40.8 460 +6 藤原英
3 *

6

11 マウントシャスタ 牡3 56 川田 2.25.9 1 3/4
    ****
* * 35.1 2 2.8 468 +18 池江寿
4 *

2

2 ユウキソルジャー 牡3 56 秋山 2.26.3 2 1/2
    ****
* * 36.5 9 46.0 436 -6 服部
5 *

6

10 ローゼンケーニッヒ 牡3 56 小牧太 2.26.4 3/4
    ****
* * 34.6 10 84.6 458 -4 橋口弘
6 *

3

5 エーシングングン 牡3 56 2.26.4 ハナ
    ****
* * 35.4 14 165.1 464 -4 田所秀
7 *

4

7 ヒストリカル 牡3 56 浜中 2.26.5 3/4
    ****
* * 35.4 3 7.0 448 +22 音無
8 *

1

1 ミルドリーム 牡3 56 江田照 2.27.0 3
    ****
* * 36.3 6 23.7 428 -4 角居
9 *

3

4 カポーティスター 牡3 56 武豊 2.27.0 ハナ
    ****
* * 35.5 5 14.7 514 -8 矢作
10 *

5

9 ベールドインパクト 牡3 56 四位 2.27.1 1/2
    ****
* * 36.5 4 10.8 492 +4 大久龍
11 *

5

8 メイショウカドマツ 牡3 56 藤岡佑 2.28.2 7
    ****
* * 38.8 7 39.0 516 -4 藤岡健
12 *

8

15 ブレイズアトレイル 牡3 56 岩田康 2.28.3 3/4
    ****
* * 38.5 11 100.8 492 +6 藤岡健
13 *

7

12 フミノポールスター 牡3 56 太宰 2.29.3 6
    ****
* * 39.7 12 139.5 498 +12 本田
14 *

2

3 テイエムハエンカゼ 牡3 56 国分優 2.29.9 3 1/2
    ****
* * 38.8 15 457.7 454 +4 鹿戸明
15 *

7

13 ナムラビクター 牡3 56 和田竜 2.31.2 8
    ****
* * 40.5 13 141.9 512 +2 野村

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m
36.0 48.4 1.00.7 1.13.2 1.25.8 1.37.8 1.49.4 2.01.1 2.12.7
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m 2400m
12.6 10.7 12.7 12.4 12.3 12.5 12.6 12.0 11.6 11.7 11.6 12.5
払戻金
単勝

14

230円

馬単

14-6

7,500円

複勝

14

6

11

120円

480円

120円

ワイド

6-14

11-14

6-11

1,370円

180円

1,100円

枠連

4-8

840円

3連複

6-11-14

3,350円

馬連

6-14

5,230円

3連単

14-6-11

26,300円

勝因敗因

ゴールドシップ(1着)内田博騎手 直線が長いので、後方で脚をタメて行くレースを。道中は前に壁がなかったけど、折り合いはついていた。前に有力馬がいたし、長く脚を使えるタイプでもあるので早目早目に押し上げて行った。今日は負けられないぐらいの気持ちだったが、好内容でステップレースを勝てて良かったし、いい雰囲気で菊花賞に臨める。

次走へのメモ

ゴールドシップ……仕上がる。押しても押しても行けずに後方から。道中はスムーズに折り合って追走。4角手前から早目に追い出したが、反応は今ひとつ。しかし、直線半ばでエンジンがかかると一気に突き抜けて最後は流す余裕。GⅠ馬の貫禄を示した。折り合いの心配がないだけに菊花賞でも期待できそう。

前へ

次へ

上へ