2012年3月11日 (当日の馬場情報)

2回中山6日目WIN5 

11

第30回 中山牝馬ステークス(GIII)

[指定],牝馬(国際),オープン,ハンデ

(芝A・右内)

晴・重

  1. 3500万
  2. 1400万
  3. 880万
  4. 530万
  5. 350万

レコード1.44.9

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

6

12 レディアルバローザ 牝5 54 福永 1.50.6
    ****
* * 36.3 8 17.7 482 -8 笹田
2 *

4

7 オールザットジャズ 牝4 53 藤岡佑 1.50.7 1/2
    ****
* * 35.3 7 16.0 440 -4 角居
3 *

2

4 エオリアンハープ 牝6 53 木幡広 1.50.8 1/2
    ****
* * 36.0 11 26.3 452 -2 宗像
4 *

1

1 マイネイサベル 牝4 54 松岡 1.51.0 1 1/4
    ****
* * 36.5 12 28.4 458 -6 水野
5 *

8

15 ホエールキャプチャ 牝4 55.5 横山典 1.51.0 ハナ
    ****
* * 36.7 2 4.4 470 +14 田中清
6 *

7

13 コスモネモシン 牝5 55 丹内 1.51.1 3/4
    ****
* * 36.2 5 9.3 468 -8 清水英
7 *

5

10 ブロードストリート 牝6 55 鮫島良 1.51.2 クビ
    ****
* * 36.2 9 18.7 452 -4 藤原英
8 *

1

2 アカンサス 牝4 53 内田博 1.51.4 1 1/4
    ****
* * 36.4 3 6.6 440 -2 畠山吉
8 *

3

6 アプリコットフィズ 牝5 55 田中勝 1.51.4 同着
    ****
* * 36.8 1 4.4 444 +8 小島太
10 *

2

3 カルマート 牝4 52 吉田豊 1.51.5 3/4
    ****
* * 36.8 14 60.5 480 -8 戸田
11 *

7

14 ドナウブルー 牝4 54 Cデムー 1.51.7 1 1/2
    ****
* * 37.1 4 7.7 420 -16 石坂正
12 *

8

16 パールシャドウ 牝6 53 武士沢 1.52.0 2
    ****
* * 37.3 16 112.2 468 -4 手塚
13 *

4

8 スピードリッパー 牝4 52 北村宏 1.52.2 1 1/4
    ****
* * 37.7 15 69.6 468 +14 鹿戸雄
14 *

3

5 イタリアンレッド 牝6 56 三浦 1.52.2 アタマ
    ****
* * 37.0 6 15.3 478 -4 石坂正
15 *

6

11 アニメイトバイオ 牝5 55 後藤浩 1.52.5 2
    ****
* * 37.6 10 21.8 496 +28
16 *

5

9 ダンスファンタジア 牝4 54 柴田善 1.52.6 1/2
    ****
* * 38.2 13 51.4 466 -2 藤沢和

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
36.1 48.8 1.01.5 1.14.3 1.26.3 1.38.1
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.8 11.4 11.9 12.7 12.7 12.8 12.0 11.8 12.5
払戻金
単勝

12

1,770円

馬単

12-7

29,130円

複勝

12

7

4

570円

540円

680円

ワイド

7-12

4-12

4-7

3,410円

4,080円

4,300円

枠連

4-6

5,820円

3連複

4-7-12

89,530円

馬連

7-12

12,780円

3連単

12-7-4

626,350円

勝因敗因

レディアルバローザ(1着)福永騎手 芝が荒れていて重かったし、枠順も外だったので、どうしようかと思っていたんです。でも、トレーナーからスタートが良ければ前に行ってもいいと言われ、迷うことなく逃げました。ゲートから前に出て行ったけど、道中はムキになることもなく、我慢して走ってくれました。馬場が悪かったので、手応え自体は良くなかったんですが、最後はよく凌いでくれました。久々の騎乗になりましたが、いい時に乗せてもらいました。昨年はヴィクトリアマイルで3着と好走したように、この時季は馬の調子がいいようですね。3月11日という日に競馬ができ、しかも重賞競走を勝たせていただきました。微力ながら自分ができることをこれからも続けていきたいと思います。

次走へのメモ

レディアルバローザ……今日は馬場を考慮してか、押して行ってハナに立つ。ピッタリとマークされていたせいか、馬場を考えれば流れていたのだろう。それでも、直線で二枚腰を発揮すると、何とか逃げ切る。昨年とは両極端な競馬でこのレースを連覇した。

前へ

次へ

上へ