2012年2月19日 (当日の馬場情報)

1回東京8日目WIN5 

11

第29回 フェブラリーステークス(GI)

(指定),国際,オープン,定量

(ダート・左)

晴・良

  1. 9400万
  2. 3800万
  3. 2400万
  4. 1400万
  5. 940万

レコード1.34.6

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

8

16 テスタマッタ 牡6 57 岩田康 1.35.4
    ****
* * 35.7 7 24.3 504 +2 村山
2 *

2

3 シルクフォーチュン 牡6 57 藤岡康 1.35.7 2
    ****
* * 35.7 4 14.6 470 0 藤沢則
3 *

5

10 ワンダーアキュート 牡6 57 和田竜 1.35.8 3/4
    ****
* * 36.4 2 5.7 520 +12 佐藤正
4 *

6

11 ダノンカモン 牡6 57 福永 1.35.8 ハナ
    ****
* * 36.6 5 15.9 532 +2 池江寿
5 *

5

9 エスポワールシチー 牡7 57 武豊 1.36.0 1
    ****
* * 36.8 3 7.8 500 -6 安達
6 *

1

2 タガノロックオン 牡4 57 田辺 1.36.4 2 1/2
    ****
* * 37.0 11 140.0 524 +4 松田博
7 *

8

15 トランセンド 牡6 57 藤田伸 1.36.6 1 1/2
    ****
* * 37.6 1 1.5 518 -2 安田隆
8 *

3

6 ケイアイテンジン 牡6 57 後藤浩 1.36.7 クビ
    ****
* * 37.4 10 137.8 484 -2 白井
9 *

4

7 ヤマニンキングリー 牡7 57 Cデムー 1.36.8 1/2
    ****
* * 37.2 8 45.6 502 +1 河内
10 *

6

12 ライブコンサート セン8 57 蛯名 1.36.9 1/2
    ****
* * 37.3 16 322.6 476 0 白井
11 *

3

5 ヒラボクワイルド 牡6 57 1.37.1 1
    ****
* * 37.4 12 163.3 496 0 大久龍
12 *

7

13 グランプリボス 牡4 57 内田博 1.37.1 ハナ
    ****
* * 38.1 6 21.1 508 -10 矢作
13 *

7

14 トウショウカズン 牡5 57 川田 1.37.2 3/4
    ****
* * 38.5 9 72.4 534 -4 領家
14 *

2

4 スマイルジャック 牡7 57 丸山 1.38.1 5
    ****
* * 38.0 14 188.1 498 +2 小桧山
15 *

4

8 セイクリムズン 牡6 57 吉田隼 1.38.2 3/4
    ****
* * 39.5 15 222.6 520 0 服部
16 *

1

1 ナイキマドリード 牡6 57 戸崎 1.38.3 クビ
    ****
* * 38.7 13 173.2 482 -1 川島正

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m
34.7 46.6 58.7 1.11.1 1.23.1
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.2 10.9 11.6 11.9 12.1 12.4 12.0 12.3
払戻金
単勝

16

2,430円

馬単

16-3

26,210円

複勝

16

3

10

760円

660円

310円

ワイド

3-16

10-16

3-10

2,430円

1,160円

950円

枠連

2-8

1,050円

3連複

3-10-16

15,530円

馬連

3-16

10,510円

3連単

16-3-10

141,910円

勝因敗因

テスタマッタ(1着)岩田騎手 スタートしてから決してスムーズではなかったし、3~4角では結構、我慢して乗っていた。それでも今日は展開が向いてくれたし、直線で追ってからも予想以上に渋太かったね。この馬の場合は距離が2000メートルでも1400メートルでも前半の折り合いが大事、今日もそのあたりがもっとスムーズだったら、もっと弾けていたはずだよ。もともと能力は十二分に秘めているし、レースで馬と騎手の呼吸が噛み合えばもっといい面を引き出せようになると思う。これからそのあたりをもっと磨いていきたい。

次走へのメモ

テスタマッタ……根岸Sは距離不足で、幾らか脚を余し気味だった。距離延長と前崩れを味方に大外一気を決めたが、抜け出す時の脚が速いの何の。一昨年の2着馬でもあり、復調すればこれくらい駆けられても驚けないが、それにしても鮮やかな差し切りだった。

前へ

次へ

上へ