2011年8月6日 (当日の馬場情報)

2回函館7日目

12

立待岬特別

[指定],(混),1000万下,ハンデ

(芝B・右)

晴・良

  1. 1470万
  2. 590万
  3. 370万
  4. 220万
  5. 147万

レコード1.08.0

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

5 シルクウェッジ 牡4 57 横山典 1.09.8
    ****
* * 35.1 1 2.7 468 -2 和田道
2 *

1

2 エクレウス 牡6 54 柴山 1.10.2 2 1/2
    ****
* * 35.3 12 49.6 492 +4 星野
3 *

3

6 シシャモチャン 牝5 52 小林徹 1.10.2 クビ
    ****
* * 36.3 3 7.9 482 +12 松永昌
4 *

8

15 フレッドバローズ セン5 56 岩田康 1.10.3 1/2
    ****
* * 35.2 2 3.9 518 -2 中竹
5 *

4

8 ヤマノラヴ 牝3 51 丸山 1.10.4 クビ
    ****
* * 36.4 9 20.9 460 -6
6 *

2

4 クラッカージャック 牡7 54 藤岡佑 1.10.5 1/2
    ****
* * 34.9 11 40.1 490 +2 土田
7 *

4

7 フラワーウィンド 牝5 52 古川吉 1.10.6 1/2
    ****
* * 36.4 10 37.2 452 0 成島
8 *

6

11 ティムガッド 牡7 55 勝浦 1.10.6 クビ
    ****
* * 36.2 4 9.7 496 -2 上原
9 *

1

1 クリノスレンダー 牝5 52 丹内 1.10.7 1/2
    ****
* * 36.2 5 15.3 476 +4 高橋博
10 *

5

9 ニホンピロキリバス セン6 53 上村 1.10.7 ハナ
    ****
* * 35.2 14 64.4 458 -2 作田
11 *

5

10 メタリック 牡7 52 1.10.8 3/4
    ****
* * 35.6 15 119.2 472 0 武市
12 *

2

3 ヒシフラッシー 牡6 51 荻野琢 1.10.8 ハナ
    ****
* * 35.5 16 144.9 476 -14 加藤和
13 *

6

12 インテグラルヘッド 牡4 54 的場勇 1.11.0 1 1/4
    ****
* * 36.2 7 17.6 504 -2 的場
14 *

7

14 エスカーダ 牡4 55 三浦 1.11.1 3/4
    ****
* * 36.5 6 16.9 462 +4 高市
15 *

7

13 スナークチェリー 牝4 52 川島信 1.11.2 クビ
    ****
* * 37.0 8 20.3 462 0 野中
16 *

8

16 ラヴインザダーク 牝5 50 丸田 1.12.1 5
    ****
* * 37.3 13 59.4 464 0 高橋祥

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
33.9 45.5 57.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.0 10.6 11.3 11.6 11.8 12.5
払戻金
単勝

5

270円

馬単

5-2

11,380円

複勝

5

2

6

150円

910円

270円

ワイド

2-5

5-6

2-6

2,470円

640円

7,070円

枠連

1-3

1,590円

3連複

2-5-6

27,210円

馬連

2-5

8,970円

3連単

5-2-6

155,010円

勝因敗因

シルクウェッジ(1着)横山典騎手 デキに関してはまだ本物ではなかったし、序盤もなかなか加速がつかなかったが、それでいて勝つんだから能力は高い。距離はマイルぐらいまで保ちそうだが、コーナーが4つあるよりも2つのレースの方が向いているね。走ってくると思うよ。

次走へのメモ

シルクウェッジ……間隔は開いたが馬体は仕上がっていた。出負けしたが、すぐに中団に取りつく。途中でかなり行きたがっていたが、何とか我慢させていた。4角手前から外に持ち出すとゴーサインを出して前の馬を射程圏に入れる。直線に向いて一杯に追われるとアッサリ突き抜けた。降級すれば力は上位。初めての1200メートルだったが、今日の行きっぷりを見るとむしろ合っていそう。

前へ

上へ