2019年1月13日

帯広

10

睦月特別

オープン-1

200m

(ダート・直)

晴・1.0%

**

ポイント



馬 名 性齢  騎手  ポイント

1

1センゴクエース牡7鈴木恵

 センゴクエース 前半103秒と十分に息を入れて追走できた前走。障害の天板までひと腰。片膝はついたが、すぐに立て直されて、ふた腰でまとめていた。ゴール前でオレノココロに差されて2着に敗れたとはいえ、高重量戦で結果を残せたことは今後への自信となる。特別条件で前走のように息を入れることが難しくなるし、トップハンデを背負うここで課題の障害をスムーズに抜けられるか不安はあるが、力は上位で通る馬。疲れもなく、無視はできない。

2

2メジロゴーリキ牡5西謙一

 メジロゴーリキ 前走は先手を奪って積極的な競馬。障害をひと腰でまとめトップ抜けしてそのまま押し切りと好内容のレースで完勝といえる。自己条件での一戦となるが、ここもスンナリと先行できそうな組み合わせで、持ち前の登坂力を存分に生かせる。マイペースで行ければ渋太い馬だし、前走と同じ760キロの荷物なら崩れる心配はない。障害を早目に抜けて押し切りが狙える。勢いに乗っており、連勝に期待。

3

3ゴールデンフウジン牡5藤野俊

 ゴールデンフウジン 前走は障害で止まってからふた腰目が空腰。その後、すぐに腰を入れて三腰でまとめた。結果は差し届かずの2着に敗れたが、760キロの荷物でもスムーズに障害を抜けていたし、上々のレースぶり。今回は昇級してオープン一線級が相手となるが、決め脚はこの中に入っても上位のものを持っているだけに、障害さえ早目に降ろせれば首位争いに加わっても不思議はない。デキも良く、警戒が必要。

上へ