2019年7月23日

川崎

11

文月オープン

サラ,オープン,別定

2000m

(ダート・左)

曇・稍重

レコード2.04.8

**

ポイント



馬 名 性齢  騎手  ポイント

1

1ヤマノファイト牡4赤岡

終わって見れば前走は格の違いを見せつけた形。やはり左回りがベターなのだろう。川崎の長いところは今年の正月に報知オールスターC勝ちの実績。引き続き赤岡騎手+順調に使われている強みもあり、能力通りならまず勝ち負け。

2

2ジャーニーマン牡6真島

重賞ではワンパンチ足りない現状だが、OP特別では2勝②着3回の実績。スンナリと先行できればそうは簡単には止まらないはずで、馬場状態も味方しそう。ひと息入れて立て直して一変を警戒。

3

3センチュリオン牡7左海

転入緒戦では上がり36秒8の脚でジャーニーマンを楽々と差し切り、前走は南関東の一線級が揃った大井記念で連対。JRA在籍時の昨年にはGⅢマーチS勝ち、白山大賞典②着があり、OP特別レベルなら完全に一枚上の存在だろう。初コースを気にするタイプでもなく、川崎向きの機動力も持っている。また、渋った馬場も4戦3連対。ひと息入ってはいるが素直に重視。

上へ