2018年12月12日

船橋

11

第64回 クイーン賞(JPNIII)

サラ,オープン,牝馬,交流,ハンデ

1800m

(ダート・左外)

曇・不良

惑星注意

ポイント



馬 名 性齢  騎手  ポイント

1

1アルティマウェポン牝5町田

JRAでは1000万の壁を突破できなかったが、前走のレディスプレリュードではメンバー中最速の上がりで③着に善戦。環境が変わって確実に力をつけている。左回りも2度目+ハンデ52キロも魅力。うまく展開が向けば再度の大駆けも。

2

2オルキスリアン牝5今野

地元船橋では安定感があり、4月のマリーンカップでも掲示板を確保。父キングカメハメハで母アクイレジアは2004年の関東オークス②着、JDD②着馬。そして祖母はロジータという良血。地の利とハンデ51キロなら大崩れはなさそう。

3

3ブランシェクール牝5吉原

JRA遠征になった前走はいつもとは違う大井本場での調整。これだけでもかなりの不利で、しかも京都の速い馬場もこの馬には不向き。幸い大きなダメージもなく、中間はいつものように外厩ミッドウェイFの坂路で調整。大井1800メートルのダートグレードで②②着と地方の馬場なら能力差はなく、前々走はプリンシアコメータと同斤量で直線は一騎打ちのアタマ差接戦。今回は2キロのアドバンテージを貰い、吉原騎手も2度目の騎乗。重賞初制覇のチャンス。

上へ