2019年1月6日

1回中山2日目

1

サラ3歳

[指定],(混),未勝利

(ダート・右)

晴・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.08.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

6

12 ヴィルトファン 牝3 54 三浦 1.12.4
    ****
* * 37.5 3 5.9 516 +2 高柳瑞
2 *

8

15 コマノゼニト 牡3 56 内田博 1.12.8 2 1/2
    ****
* * 38.3 2 4.3 464 -6 伊藤圭
3 *

7

13 ファロ 牝3 54 大野 1.13.1 1 3/4
    ****
* * 38.1 7 13.2 472 +8 和田勇
4 *

7

14 エンシャントロア 牝3 53 木幡巧 1.13.2 1/2
    ****
* * 38.7 1 3.3 482 -6
5 *

5

9 ロードシュタルク 牡3 54 横山武 1.13.8 3 1/2
    ****
* * 38.6 8 54.1 446 +8 高柳瑞
6 *

2

3 テクノドリーム 牡3 56 マーフィ 1.14.2 2 1/2
    ****
* * 39.2 6 8.5 458 0 田中博
7 *

6

11 ストロングコンビ 牡3 56 1.14.4 1
    ****
* * 38.4 12 308.4 466 +20 和田雄
8 *

1

1 アサクサマヤ 牝3 54 横山典 1.14.5 1/2
    ****
* * 38.8 4 6.2 478 -8 田島俊
9 *

1

2 ラブミーサアヤ 牝3 53 藤田菜 1.14.6 1/2
    ****
* * 39.2 9 99.4 486 +14 上原
10 *

3

6 アーティクル 牝3 54 江田照 1.14.9 2
    ****
* * 39.5 14 321.0 456 +2 大江原
11 *

5

10 スーパーブラウン 牡3 56 1.15.0 3/4
    ****
* * 39.2 16 357.6 428 +10 武市
12 *

4

7 マノラム 牝3 51 野中 1.15.7 4
    ****
* * 41.2 5 7.2 404 0 池上和
13 *

2

4 スマイルチャーマー 牡3 53 木幡育 1.15.8 1/2
    ****
* * 39.3 12 308.4 486 +14 本間
14 *

8

16 ドラマチックナイト 牝3 53 木幡初 1.15.9 3/4
    ****
* * 39.0 11 184.0 462 +6 杉浦
15 *

3

5 ウーレンボル 牝3 54 大庭 1.16.2 1 3/4
    ****
* * 38.7 10 136.7 416 -4 高橋文
16 *

4

8 チームパシュート 牡3 56 宮崎北 1.16.5 2
    ****
* * 39.5 15 357.2 438 +6 青木

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.5 46.6 59.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.1 10.9 11.5 12.1 12.8 13.0
払戻金
単勝

12

590円

馬単

12-15

2,950円

複勝

12

15

13

190円

150円

350円

ワイド

12-15

12-13

13-15

580円

1,240円

790円

枠連

6-8

1,360円

3連複

12-13-15

4,460円

馬連

12-15

1,480円

3連単

12-15-13

20,710円

勝因敗因

 ヴィルトファン(1着)三浦騎手 おっとりしていたので初戦は1800メートルを使いました。実戦を使ったことで気持ちがピリッとしていましたし、スプリンター気質も前面に出していました。レースでも調教の良さの通りに走ることができました。まだまだ良くなりますよ。

次走へのメモ

ヴィルトファン……叩いて上昇。スタート良く、スッと好位集団へ。3頭が競り合う展開を、深追いせずに4番手を追走。4角でコマノゼニトの外へ出すと、直線は鮮やかに抜け出して快勝。展開に恩恵はあったが、一気の距離短縮にスンナリ対応してセンスの良さは見せた。

次へ

上へ