2016年3月13日 (当日の馬場情報)

2回中山6日目

8

サラ4歳以上

[指定],牝馬,500万下,定量

(ダート・右)

曇・稍重

  1. 750万
  2. 300万
  3. 190万
  4. 110万
  5. 75万

レコード1.08.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

6 ツウローゼズ 牝4 55 木幡広 1.11.7
    ****
* * 37.7 3 12.0 468 +2 高橋祥
2 *

5

10 アミーキティア 牝4 55 横山典 1.11.8 1/2
    ****
* * 37.8 1 1.4 470 0 大竹
3 *

8

15 カレリア 牝4 55 柴山 1.11.8 クビ
    ****
* * 38.0 7 35.7 462 +12 黒岩
4 *

1

2 ホームゲーム 牝4 55 吉田隼 1.11.9 クビ
    ****
* * 37.3 8 53.1 480 +4 蛯名
5 *

8

16 スマイルハッピー 牝4 55 嘉藤 1.12.4 3
    ****
* * 38.6 9 55.0 448 +16 田中清
6 *

3

5 オベーション 牝5 55 柴田大 1.12.6 1 1/4
    ****
* * 37.9 13 108.4 462 +6 粕谷
7 *

4

8 ハイレベルバイオ 牝4 52 木幡巧 1.12.7 1/2
    ****
* * 39.2 2 5.9 494 -4
8 *

4

7 パッシオーネラヴィ 牝5 55 松岡 1.12.8 クビ
    ****
* * 39.4 5 16.3 490 0 手塚
9 *

2

4 バリアーモ 牝4 55 吉田豊 1.12.9 3/4
    ****
* * 37.7 12 80.2 470 -2 高橋裕
10 *

6

11 アイリッシュハープ 牝5 55 田中勝 1.13.2 1 3/4
    ****
* * 38.8 11 67.2 482 +18 菊沢
11 *

7

13 ベストエビデンス 牝4 55 岩田康 1.13.4 1 1/2
    ****
* * 37.7 6 34.0 408 -5 矢野英
12 *

7

14 ホホエムオンナ 牝4 55 西田 1.13.7 1 3/4
    ****
* * 39.5 15 329.9 434 +4 浅野
13 *

1

1 オーミアリエル 牝5 52 藤田菜 1.13.8 1/2
    ****
* * 38.9 4 14.3 434 -2 松永康
14 *

5

9 リトル 牝5 55 町田 1.13.9 クビ
    ****
* * 38.8 14 205.3 442 -9 小桧山
15 *

6

12 マダムアグライア 牝5 55 大野 1.15.0 7
    ****
* * 41.4 10 58.9 490 -8 新開
除外 *

2

3 シャンパンサーベル 牝4 55 江田照
    ****
* * 438 -16 佐藤吉

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
33.4 45.7 58.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
11.7 10.4 11.3 12.3 12.7 13.3
払戻金
単勝

6

1,200円

馬単

6-10

2,130円

複勝

6

10

15

190円

110円

440円

ワイド

6-10

6-15

10-15

270円

2,760円

710円

枠連

3-5

700円

3連複

6-10-15

4,260円

馬連

6-10

580円

3連単

6-10-15

32,830円

勝因敗因

 ツウローゼズ(1着)木幡広騎手 もうひと押しが利かなかったんですが、今日は内でうまく脚をタメることができたので、それが終いの脚につながったんだと思います。レース間隔を開け、状態の方も良かったですね。

次走へのメモ

ツウローゼズ……スタートは速くなかったが気合をつけて好位に取りつく。4角は外を回さず、直線は馬群を割って一気に抜け出す。ここのところ牡馬相手でも差のないレースをしてきたが、牝馬同士ならば力量が上位だった。

前へ

次へ

上へ