2016年4月10日 (当日の馬場情報)

1回福島2日目

2

サラ3歳

未勝利

(芝A・右)

晴・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.07.0

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

4

7 ワイエムデマクール 牡3 56 岩田康 1.10.0
    ****
* * 35.2 8 18.4 468 +6
2

*

6

11 ランポルテ 牝3 54 吉田隼 1.10.0 クビ
    ****
* * 35.3 7 12.5 462 +20 佐藤吉
3

*

2

3 キープサニーハート 牝3 52 井上敏 1.10.0 アタマ
    ****
* * 35.8 10 40.1 462 -8 蛯名
4

*

5

10 ミライヘノサイン 牝3 51 木幡初 1.10.1 クビ
    ****
* * 35.7 5 10.2 424 -22 武藤
5

*

3

5 ウォータースイング 牝3 54 北村友 1.10.1 アタマ
    ****
* * 35.1 15 153.5 436 鮫島
6

*

5

9 フレンチジェンヌ 牝3 52 長岡 1.10.2 3/4
    ****
* * 36.5 12 55.4 452 久保田
7

*

8

16 エイシンキラウエア 牝3 54 丸山 1.10.3 クビ
    ****
* * 36.5 11 47.5 446 -22 坂口則
8

*

2

4 カシノクロエ 牝3 54 1.10.3 ハナ
    ****
* * 35.2 6 11.7 444 +14 和田雄
9

*

1

2 ニシノオウレイ 牝3 54 丹内 1.10.5 1 1/4
    ****
* * 36.2 14 84.3 512 -4 尾形和
10

*

3

6 タニマサガール 牝3 51 原田和 1.10.7 1 1/4
    ****
* * 36.8 9 21.8 412 -4 栗田博
11

*

7

13 ベルロック セン3 55 鮫島駿 1.10.8 1/2
    ****
* * 36.8 1 3.0 524 0 西園
12

*

1

1 ブライテストムーン 牝3 54 柴田大 1.10.8 クビ
    ****
* * 36.9 3 8.1 384 -12 伊藤大
13

*

4

8 ライオットストーム 牡3 56 丸田 1.10.9 クビ
    ****
* * 35.5 13 71.3 466 高橋文
14

*

7

14 クレイジーインラヴ 牝3 51 藤田菜 1.11.1 1 1/4
    ****
* * 37.1 4 9.3 418 -2 南田
15

*

6

12 ブリスフルタイム 牝3 51 木幡巧 1.11.1 クビ
    ****
* * 37.1 2 4.3 472 +4
16

*

8

15 ベニバナミント 牝3 52 1.12.3 7
    ****
* * 36.7 16 292.1 394 田島俊

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
33.7 45.3 57.1
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.1 10.6 11.0 11.6 11.8 12.9
払戻金
単勝

7

1,840円

馬単

7-11

15,710円

複勝

7

11

3

420円

370円

1,020円

ワイド

7-11

3-7

3-11

2,260円

5,730円

7,470円

枠連

4-6

1,880円

3連複

3-7-11

112,730円

馬連

7-11

7,350円

3連単

7-11-3

783,660円

勝因敗因

 ワイエムデマクール(1着)岩田騎手 最後はいい脚を使ってくれたし、最高のパフォーマンスを出せたと思います。

次走へのメモ

ワイエムデマクール……態勢整う。スタートで後手を踏んだが、インに潜り込み、後方でジックリと脚を温存。直線の入り口から徐々に外へ持ち出し、狭いスペースを割って鮮やかに抜け出した。休み明けでこの内容は立派だが、展開に恵まれた印象で、走破時計も強調できない。

前へ

次へ

上へ