2013年8月31日 (当日の馬場情報)

4回函館5日目

11

第48回 札幌2歳ステークス(GIII)

(指定),国際,オープン,馬齢

(芝C・右)

雨・不良

  1. 3000万
  2. 1200万
  3. 750万
  4. 450万
  5. 300万

レコード1.51.2

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

1

1 レッドリヴェール 牝2 54 岩田康 1.59.7
    ****
* * 41.3 2 5.1 426 +2 須貝尚
2 *

4

6 マイネグレヴィル 牝2 54 柴田大 1.59.7 クビ
    ****
* * 42.0 4 6.8 458 0 和田道
3 *

3

4 ハイアーレート 牡2 54 吉田豊 2.00.9 7
    ****
* * 42.9 6 13.1 484 -4 大久洋
4 *

2

2 ピオネロ 牡2 54 蛯名 2.02.0 7
    ****
* * 43.9 7 15.0 478 +14 松永幹
5 *

6

10 マイネルフロスト 牡2 54 三浦 2.03.1 7
    ****
* * 45.0 1 3.0 474 -4 高木登
6 *

7

11 マラムデール 牝2 54 戸崎 2.03.5 2 1/2
    ****
* * 45.2 8 16.9 444 +8 松田国
7 *

4

5 メイショウスミトモ 牡2 54 古川吉 2.03.8 1 3/4
    ****
* * 44.1 11 50.6 476 0 南井
8 *

8

13 トーセンシルエット 牝2 54 江田照 2.04.1 2
    ****
* * 45.9 10 35.4 442 +6 菅原
9 *

5

8 オールステイ 牡2 54 吉田隼 2.04.4 1 3/4
    ****
* * 45.0 3 5.6 464 -8 矢作
10 *

7

12 ダンツキャノン 牡2 54 川須 2.05.7 8
    ****
* * 45.8 14 272.3 510 +4
11 *

5

7 サングラス 牡2 54 田中博 2.07.2 9
    ****
* * 49.2 13 77.2 486 0
12 *

8

14 クリノコマチ 牝2 54 2.07.8 3 1/2
    ****
* * 49.2 12 69.3 452 +6 伊藤伸
13 *

6

9 ロードフォワード 牡2 54 藤田伸 2.07.8 ハナ
    ****
* * 49.4 9 25.2 430 -4 高野
14 *

3

3 バウンスシャッセ 牝2 54 四位 2.09.2 9
    ****
* * 50.4 5 11.8 512 +4 藤沢和

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
37.4 50.9 1.04.0 1.17.7 1.31.6 1.45.8
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.4 12.0 13.0 13.5 13.1 13.7 13.9 14.2 13.9
払戻金
単勝

1

510円

馬単

1-6

4,220円

複勝

1

6

4

220円

230円

340円

ワイド

1-6

1-4

4-6

800円

1,460円

1,380円

枠連

1-4

2,090円

3連複

1-4-6

10,570円

馬連

1-6

2,360円

3連単

1-6-4

51,340円

勝因敗因

レッドリヴェール(1着)岩田騎手 こんな馬場だからリズムを守って走らせたかったんだけどね。出負けして流れに乗れなかった。でも4角からスパートして、最後はよく凌いでくれた。デビュー前から素質を感じていたけど、2週続けて調教にも跨ってデキの良さを感じていたし、小柄な牝馬なのに、ほんとよく頑張ってくれたと思う。

次走へのメモ

レッドリヴェール……体が引き締まり好仕上がり。二人引きも落ち着きあり。出遅れて後方のインで脚をタメ、3~4角で上がってくる時も手応え抜群。4角手前で少し待たされるところはあったものの、直線に向いて外に出すと、1ハロン標からは2着馬との追い比べ。ラスト100メートルで半馬身ほど出てそのまま押し切った。開幕週でパンパンだった初戦とはまったく違う馬場状態を苦にせず重賞勝ち。短い間にも力をつけているよう。

前へ

次へ

上へ