2013年6月16日 (当日の馬場情報)

3回阪神6日目

7

サラ3歳以上

[指定],牝馬,500万下,定量

(ダート・右)

晴・重

  1. 720万
  2. 290万
  3. 180万
  4. 110万
  5. 72万

レコード1.48.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

7

12 カノン 牝3 49 岩崎翼 1.50.2
    ****
* * 36.7 3 9.6 450 0 崎山
2 *

4

7 ブライトエルフ 牝4 55 鮫島良 1.51.2 6
    ****
* * 37.1 9 33.7 462 0 柴田光
3 *

4

6 ナムラアピア 牝4 55 国分優 1.51.4 1 1/2
    ****
* * 38.2 2 9.5 484 +4 福島信
4 *

3

5 シーズガレット 牝5 52 森一 1.51.6 3/4
    ****
* * 37.4 10 85.1 466 +4
5 *

5

9 マルヨフレンドリー 牝4 55 小坂 1.51.7 1/2
    ****
* * 38.3 13 240.1 478 -19 武宏
6 *

7

13 サイモンガーランド 牝4 55 高倉 1.51.7 クビ
    ****
* * 38.1 1 1.5 480 +2 梅田智
7 *

1

1 アランロド 牝5 53 中井 1.52.1 2 1/2
    ****
* * 37.5 6 19.6 442 +10 佐藤正
8 *

3

4 ディアアプローズ 牝5 55 小牧太 1.52.1 ハナ
    ****
* * 39.0 8 30.5 472 -10 荒川
9 *

6

11 アトランティード 牝3 52 浜中 1.52.8 4
    ****
* * 39.0 4 9.8 494 -12 吉村
10 *

2

3 ファシネートダイア 牝4 55 太宰 1.53.0 1
    ****
* * 39.5 11 86.3 458 +12 高橋忠
11 *

6

10 ポイントキセキ 牝3 52 池添 1.53.3 2
    ****
* * 39.3 5 17.0 482 -10 須貝尚
12 *

2

2 トーブプリンセス 牝4 55 国分恭 1.53.7 2 1/2
    ****
* * 38.9 15 380.2 476 -2 武田
13 *

8

15 アグネスチャンス 牝3 52 岡田祥 1.53.8 1/2
    ****
* * 40.0 7 23.8 466 +4
14 *

8

14 テイエムナデシコ 牝3 52 熊沢 1.55.2 9
    ****
* * 41.3 14 245.0 468 -8 山内
15 *

5

8 アレキパ 牝3 52 藤岡康 1.56.3 7
    ****
* * 41.8 12 95.2 456 -2 松永幹

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
36.2 48.7 1.01.0 1.13.1 1.25.3 1.37.5
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.3 10.7 13.2 12.5 12.3 12.1 12.2 12.2 12.7
払戻金
単勝

12

960円

馬単

12-7

16,700円

複勝

12

7

6

380円

1,000円

540円

ワイド

7-12

6-12

6-7

1,280円

1,100円

2,120円

枠連

4-7

460円

3連複

6-7-12

24,290円

馬連

7-12

7,310円

3連単

12-7-6

141,600円

勝因敗因

カノン(1着)岩崎翼騎手 前を見ながらスムーズなレースができました。直線で内に入って少し窮屈なところはありましたが、躊躇することなく伸びてくれましたね。

次走へのメモ

カノン……固まり加減の好位グループにいたが、スムーズに追走していた。1ハロン手前では窮屈な場面もあったが、脚が溜まっていただけに手間取ることもなく間を割って抜け出すと、後続を一気に引き離してゴールへ。文句なしの勝ちっぷりだし、時計も上々。

前へ

次へ

上へ