2011年10月22日 (当日の馬場情報)

5回新潟3日目

8

サラ3歳以上

500万下,定量

(ダート・左)

曇・良

  1. 700万
  2. 280万
  3. 180万
  4. 110万
  5. 70万

レコード1.09.6

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

6

11 タニマサホーク 牡4 57 吉田隼 1.11.7
    ****
* * 36.7 1 3.0 512 +6 栗田博
2 *

2

2 ミキノクレシェンド 牝5 55 藤岡康 1.11.8 3/4
    ****
* * 36.3 13 90.6 490 -8 大橋
3 *

8

15 ゴールドオリーブ 牝4 55 木幡広 1.12.0 1 1/4
    ****
* * 37.1 10 31.1 492 0 天間
4 *

4

7 ニホンピロシュラブ 牝4 55 酒井学 1.12.1 3/4
    ****
* * 37.1 3 5.6 470 -10 服部
5 *

3

4 ビバエルフ 牝5 52 水口 1.12.2 3/4
    ****
* * 36.2 5 12.2 418 -4 河内
6 *

2

3 セイカフォルテ 牡3 54 川須 1.12.3 クビ
    ****
* * 36.5 9 30.8 444 +8 相沢
7 *

3

5 ウォーターメジャー 牡3 55 津村 1.12.4 1/2
    ****
* * 37.2 8 26.2 468 -2 鮫島
8 *

1

1 ヒカリトリトン 牡3 55 太宰 1.12.6 1 1/4
    ****
* * 36.6 6 20.0 484 0
9 *

8

14 アルベルティ 牡3 55 中舘 1.12.7 クビ
    ****
* * 37.2 2 4.1 508 -4 小島太
10 *

7

12 セトノジャーニー 牡4 57 柴山 1.12.8 1/2
    ****
* * 37.6 7 21.4 512 +8 田島俊
11 *

5

9 ギガワット 牡4 57 勝浦 1.12.8 アタマ
    ****
* * 37.3 4 6.8 528 +10 高橋裕
12 *

5

8 プレザントブリーズ 牝5 54 松山 1.13.3 3
    ****
* * 37.8 11 32.4 488 +10 山内
13 *

4

6 トキメキセイコー 牡4 57 大野 1.13.3 ハナ
    ****
* * 38.0 12 59.6 486 +8 佐藤吉
14 *

6

10 コスモワッチミー 牡3 55 丹内 1.13.5 1 1/4
    ****
* * 37.7 14 175.0 484 -10 伊藤大
15 *

7

13 シングンデパーチャ 牡4 54 平野 1.13.8 2
    ****
* * 38.6 15 518.2 514 -6 本間

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.9 47.2 59.0
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
11.9 11.2 11.8 12.3 11.8 12.7
払戻金
単勝

11

300円

馬単

11-2

10,390円

複勝

11

2

15

170円

1,200円

530円

ワイド

2-11

11-15

2-15

1,950円

950円

8,460円

枠連

2-6

2,360円

3連複

2-11-15

25,510円

馬連

2-11

7,300円

3連単

11-2-15

116,250円

勝因敗因

タニマサホーク(1着)吉田隼騎手 他に速い馬がいたので、無理に行くことはせず好位で運びました。ペースが緩かったのであの位置で良かったと思いますが、久々の左回りだったせいか、手前の替え方がスムーズではなかったんです。手前の替え方に不器用なところがあるので、上のクラスではそのあたりを矯正できるといいですね。

次走へのメモ

タニマサホーク……出して行って前2頭の外でガッチリと抑える。直線は持ったままの手応えで、これらを交わすと、左手前のまま、突き放してしまった。いい位置につけて、危なげのない勝利。

前へ

次へ

上へ